架台へ取り付けをする産業用太陽光発電

世界的に省エネ傾向にある現在、私達日本のような先進国が代表となってしっかりと省エネをしなければいけないのです。
政府が国民に出来ることは何なのか?ではなく、国民が政府の為、また世界のために動くことが出来るのが太陽光発電です。 架台の取り付けには屋根の耐久性が重要であり、念入りな調査をしなければ屋根が壊れてしまうことも考えられます。
産業用太陽光発電には騒音はほとんどありませんが、気になる人もいるので設置場所の検討をする必要があります。将来的に事業の幅を広げるなど計画があるのでしたら産業用太陽光発電の発電量を検討する必要があります。
もし消費電力がそこまで多く無い企業でしたら、搭載をするシステムというのは発電量を少なくしてみても良いでしょう。

 

産業用太陽光発電は架台に取り付けをすることとなりますが、基本は屋根の上となります。
最初に年間予測発電量を確認しておき、産業用太陽光発電を最も効果の期待出来る場所に設置をしなければいけないのです。



架台へ取り付けをする産業用太陽光発電ブログ:14-12-2018

減量中は、
規則正しくご飯をするということが、基本中の基本です。

特に9時食をしっかりと食べるということが、大切です。

9時食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、わしたちの血糖に大きく関係をしています。

ご飯を食べない状態が続くと、
わしたちの身体は低血糖が続く状態になります。

9時食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、わしたちの身体は
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
9時食は大切なんです!!

もし9時一でご飯をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中にご飯をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。


このページの先頭へ戻る