架台へ取り付けをする産業用太陽光発電

世界的に省エネ傾向にある現在、私達日本のような先進国が代表となってしっかりと省エネをしなければいけないのです。
政府が国民に出来ることは何なのか?ではなく、国民が政府の為、また世界のために動くことが出来るのが太陽光発電です。 架台の取り付けには屋根の耐久性が重要であり、念入りな調査をしなければ屋根が壊れてしまうことも考えられます。
産業用太陽光発電には騒音はほとんどありませんが、気になる人もいるので設置場所の検討をする必要があります。将来的に事業の幅を広げるなど計画があるのでしたら産業用太陽光発電の発電量を検討する必要があります。
もし消費電力がそこまで多く無い企業でしたら、搭載をするシステムというのは発電量を少なくしてみても良いでしょう。

 

産業用太陽光発電は架台に取り付けをすることとなりますが、基本は屋根の上となります。
最初に年間予測発電量を確認しておき、産業用太陽光発電を最も効果の期待出来る場所に設置をしなければいけないのです。



架台へ取り付けをする産業用太陽光発電ブログ:16-2-2019

読者様は
ホメオスタシス効果って知っていますか?

ダイエットを始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
身体の危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間の身体は体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要な身体の機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
ひと月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
食べる事から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
身体の中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
食べる事量を減らしても
身体の中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しい体操などを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
ダイエット効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
ひと月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

ひと月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

ダイエットを成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

ダイエットの停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。


このページの先頭へ戻る